日本人が翻訳向きである理由

子供の頃から英語が大好きです。翻訳の良い所は、腰を据えて取り組めることです。自分がその言語の意味を理解する上でも役立ちますし、それをより多くの人に伝えられるという意味でも役に立ちます。もしこれが通訳だったら、その場の雰囲気であったり状況によって意味も捉え方も違うので、腰を据えてじっくりその言語に取り組むということはできません。

日本人は、どちらかというと翻訳向きです。中高の英語教育は文法や読解メインのため、その能力に長けているからです。通訳は帰国子女だったり、幼少期を海外で過ごし、そのニュアンスまで理解している会話に長けた人が向いています。

少しの作業からでも家にいながらできることから、英語が得意であった、全国模試で常にトップ成績であったという人は仕事が見つかるかもしれません。わからない箇所があれば調べられるのも、翻訳のメリットですね。あまりにその量が多ければ時給に見合わない能力となってしまうので、自分がどの程度翻訳ができるのかを知っておくことは大切だと思います。