子供に英語を身につけさせるための教育法

PR|家づくりのプロはアフターケアもプロ|

中学受験をさせる親が増えているように、大学受験で英語に失敗した親ほど、最近は子供が小さいうちから英語を学ばせる親が増えています。確かに小さいうちはスポンジのように語学も吸収していくので英語の実力もつけやすいということは正しい考えだと思います。ですがまだ日本語の会話も確立していないときから英語をむやみに学ばせていると、日本語力も中途半端になってしまう可能性が高くなるので注意しなければなりません。

あくまでも日本語は母国語ですから、この基礎があってこその第二外国語なのです。ですから英語プレスクールやインターナショナルスクールに小学校から通わせる方法は一見効率的に英語を身につける良い機会となるように思えますが実際には両刃の剣なのです。もちろん子供によってはきちんと二つの言葉を同レベルで身につけることができるようですが、中にはそうではない子供もたくさんいるのです。

一番良い方法は、小学生ぐらいまでは、しっかりと日本語力を身につけさせて語学の土台がきちんとした上で、初めて英語を学ばせるようにすることです。小学生になれば日本語もたいてい基礎が身についているので英語を学ばせたところでその根幹が揺らぐことはないですから、日本語と英語を同時に伸ばしていくことが可能になるのです。

そして英語学校のおすすめとしてはなるべくマンツーマンか、もしくは三人ぐらいまでの少人数制のグループレッスンを行なっている子供英語専門の英会話スクールを選ぶことをおすすめします。大人への英語指導と子供への英語指導は全く違うので、その辺の指導法に熟知している子供専用英会話スクールを選ぶと英語の進歩が全く違ってきます。

英語学校で英会話のインプットをたくさん行なったら、必ずその学んだ英語をアウトプットする機会を与えるようにしましょう。例えば近場のグアムや香港、シンガポールなど英語が通じる国への旅行に行くなどして英語を実際に使うことによって、英語力が初めて定着してくるのです。そういう機会が与えられない場合でも、英語を使えるサマーキャンプなどを利用することもおすすめできる方法です。

PR|生命保険の選び方|健康マニアによる無病ライフ|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|